top of page

シータヒーリングで変化した現実

今日はシータヒーリングで変化した現実を、私の体験談としてシェアしたいと思います。

シータヒーリングを学んでみて、何がどう変化して、今どうなっているのかです。


  1. 母親と叔母との関係

  2. 人間関係

  3. 寝たきりになった脚の状態

  4. 日常の中の便利さ


シータヒーリングで変化した現実「母親と叔母との関係」

私の母と叔母は元々超5層系の霊能力を有する人です(無宗教、普通のおばさん)。

確かに現実を変化させる姿を目の当たりにしてきたので、それは凄いなと思います。

でも小さいころからずっと、二人のペースについていけませんでした。


何故なら5層系だけあって「ジャッジ」「善悪」の基準がしんどかったからです。

私自身は霊感などなく、サイキックではあるけど霊が見えたり物事の裏側を観る力はなかったので、説明もなしに「こうすべき」「こうしないとこうなるよ」という彼女たちからのアドバイスにめちゃくちゃ反発していました。

そんなこと言われても人間として生きていく中で、説明のつかない得体のしれない霊的な動きを押し付けられても・・・と。

何より、例えば実家の猫が死んだとして「お前が殺した」と言われても自覚はないし何で責められているのかも分からない。彼氏を紹介すれば「あの男はやめておいた方がいい」と霊的側面の理由からアドバイスされても私自身の気持ちや選択を全く尊重されていない感じがしてしんどく思っていました。

なにが事件が起こると、必ず「悪」を用意してそれを責める。調伏するというやり方をするのが本当に無理でした。何で勝手に「悪」と決めつけるの? ?と、観えない私は思っていました。そしてもう二度と会いたくないと、私は実家を脱出しました。


シータヒーリングを始めてから 、存在の層の概念や相手のパラダイムで物事を見ること、何より人は皆学びの途中で、学び方も違えば学ぶタイミングもペースも違う、ということを知りました。

これらの概念で彼女たちを見つめると、5層のエネルギーを借りて学ぶことも、善悪のジヤッジをして学ぶのも、彼女たちに今必要な学び方なだけで、それを尊重して私自身はそのエネルギーに巻き込まれないという選択が出来る、適切な境界線を持って付き合うことが出来ると気づきました。

そして今、表面的には何も問題がない親子関係に見える程度には付き合えています。

彼女たちの送る細胞の信号を私はここから先は受信しない、圧倒されないと分かってから、彼女たちが送ってくる信号自体が変化しました。

普通に心配をしてくれるし、尊重や信頼も与えてくれます。今日なんて、叔母が朝一番で苺「あまりん」の市場に出回らない農家直特別品を並んで買ってきてくれました。


人間関係

母たちとの関係と同じように、日常生活でも人間関係が激変しました。

まず、誰にも圧倒されないので人生の中に「嫌な人」が現れなくなりました。

ポジティブで軽いエネルギーに自分がシフトすると、ネガティブで重たいエネルギーの人とは細胞がコミュニケーションを取らないので、傷つけられることもなければネガティブな怒りや後悔、復讐心を抱くことが起こらなくなるのです。

たまーに、いらっとするくらい。でも、それだけ。すぐに「待てよ、今イラっとしたのは何故?私はどんな感情を誘発された?何のために?」と、自分が何を学ぼうとしてイラっとしたのかにフォーカスして「ビリーフワークのチャンス来た!」とウキウキするだけです。


過去自分をネガティブな気持ちにさせた人への怒りも拒絶も、自分がやったことへの後悔も、もう手放してしまってからは人生の中で自分の想いをそこに向け続けることなく楽しいことに向けられるので、開放感でいっぱいです。

すべてベースとして、「自分自身の人生を肯定し自分を愛する」が出来たからシフト出来たのだと思います。


寝たきりになった脚の状態

私がシータヒーリングを始めたきっかけは、原因不明で脚が動かなくなり、痛みで起き上がることも出来ず長期仕事を休職したことにあります。

これは学んだあとに分かったのですが、痛みの原因は2つ。

一つはご存じ「不都合な現実を変えるために病気を利用する」というやり方を私の遺伝子が知っていて、仕事に行くという不都合な現実を何とかするために、足の痛みで寝たきりになることで仕事に行かなくていいという現実を創り出しました。

何故仕事に行きたくなかったのか。それは私の潜在意識は保育士であることが嫌だったからです。仕事自体が嫌なわけではなくて、私のやりたいことやディバインに逆らって保育士になっていたからです。


私は幼少期に愛着形成に失敗した場合、大人になってどんな精神的な影響があるのかが知りたくて、子供を産んだあと何年かしてから保育の勉強をしました。

勉強は楽しかったので、そこでやめておけばよかったのですが、現場を体験してみようと保育士になってしまったのですね。

でも、そもそもの目的は「今大人になって苦しんでいる人」をサポートしたい、でした。

なのに毎日毎日「思考」する間もなく肉体労働をしてへとへとになって、誰かをサポートするどころか自分が疲弊して目的すら忘れてしまうという事態に陥りました。


もともと肉体的な労働をしたことがなくて、デスクワークや講演中心、教えることやプロデュースすることを仕事にしていたので、「思考する」よりもその場その場の瞬発的な判断力が求められる保育の現場は、使ったことのない筋肉と使い慣れない脳みその領域が必要で、慣れ親しんだ脳の使い方が全くできなくなってフラストレーションと疲労で限界だったようです。デザインにしても企画にしてもPCを頻繁に使いますが、保育士時代は手書き。PCスキルなんてあってもしょうがない、というのも地味にダメージでした。


独立開業していたり、組織でリーダーとして部下を抱えていた立場から、40代半ばで保育士として「新人」になると、組織を健全に回すためのスキルも使えないし何もかもが初めてなので立ち回り方が激変したのもきつかったです。人生をリスタートさせているような重たさがありました。


シータヒーリングで掘り下げをしたとき、あ、これは保育士が嫌すぎて病気になったんだな、じゃあ辞めて本当に自分が望む「目的」の方向に行けば病気は治るなと思いました。保育士であることが「不都合な現実」なわけだから、それを回避するために病気になっているなら、不都合な現実の方を無くしてしまえばいい。そうすれば回避しようと潜在意識が病気を採用するのをやめるだろう、と。

見事にシータヒーリングを学び始めて2か月で治りました。


シータの良いところは「不都合を避けるために病気を採用する」というやり方そのものを変えてしまえることです。「病気にならなくても、他の方法で不都合な現実は回避できる」という新しいやり方を潜在意識や細胞に教え、遺伝子プログラム自体を変えてしまえば、もう人生で何か別の不都合が起こった時に、病気を採用することはなくなります。


今は、小さい子供がいるので学校から貰ってきた風邪に感染するくらいです。インフルやコロナと言った恐れの感情を持つウイルスには感染しません。

たまにオーバーワークで副腎が悲鳴をあげて「休息!」を主張して死んだように眠ってぶっ倒れる、はやってしまいますが。


ふたつめの、病気を採用した原因はハイヤーセルフです。

シータヒーラーあるあるですが、ヒーリングに導かれる時に、ハイヤーセルフが肉体的な負担を作り出してそこからヒーリングに出会わせる、というやりかたをします。背に腹は変えられないので「原因不明の病」はヒーリングに近づくのに手っ取り早いんだと思います。


日常の中の便利さ

シータヒーリングは、人生が捗ります。

まず食べ物ね。食べ物に祝福をするテクニックを使って、有害物質を除去して味をおいしくしたり栄養分を増幅したりできるので、家族のために作るご飯もおいしく出来ます。


怪我や病気は自分でヒーリング出来るし、自分の体内をスキャンすれば健康診断をしなくてもどこに問題があるかが分かり、その箇所を中心に診察を受けに行けば早期に解決できるというめちゃくちゃ便利な状態です。

ビリーフが原因で心筋梗塞を起こしかけた際も自分の体内で何が起こっているかをリーディングして、即時ヒーリングに集中して救急車を避けたこともありました。

特に子供が熱を出した~というようなときは本当に便利です。治せるから。


息子が「視える」こどもで、しょっちゅう霊的なものをみて怯えますが、瞬時に浄霊出来るしなんなら家に結界的なプロテクトをかけたり身体の周りに防御シールドをはって侵入を防げるので、憑依なども無縁です。それが何なのか分かっていれば全然怖くないです。


未来をリーディングが出来るので、複数の可能性分岐はありますが大まかに備えることも出来ます。

マニフェストと言って、願いを叶えることも出来ます。これはすごく便利で、「エアコンが欲しい」とか「自分にぴったりな習い事が見つかるように」とか、「商談がうまくいくように」とか、まあなんでも望んだことを叶えるテクニックがあるので神頼みをしなくても自分で望むものを確実に手に入れられます。ただし、マニフェストはビリーフがあると叶わない内容もあるので、自分の中に受け取ることへのブロックがないかクリアリングしながら使っていく感じです。


時間を操作できます。朝、何度言っても寝ぼけて起きない、朝食を食べない息子が7:30に家を出るとします。7:20になって、まだ何も出来ていない場合焦ってイライラしますよね。時間をほんの一時的に曲げれば(遅くすれば)すべてを終わらせた状態で7:30に家を出ることが可能です。クラスを開催するときも特定のクラスはボリュームがあるので時間を操作しています。焦らなくていいので、穏やかな気持ちのまま物事に対処できる便利さったらもう。


自分をパワースポット化したり神社などにあるお守りのようなものを自分で作れます。

私はパワー増幅装置として元々エネルギーを持っている石にさらに望みの効果を入れ込んで使います。これね、人の引き寄せにもいいし、魔除け機能を持たせてもいいし、捗ります。


ここまでが基礎と応用のクラスで習えるんですね。使いこなせるかは実践も必要なので個人差がありますが、やり方を知っているだけで本当に便利。


その他に、もう完全に覚醒してしまえば人生で選択を迫られたり、どっちの方向に進むのがベストなのか迷ったときにチャネリングで完全な答えを得るということも出来るようになります。私は聴くあいてを使い分けていて、仕事の技術的なことは宇宙にある「法則」に聞きます。速いし万人が取り組みやすい答えを出してくるから。

ハイヤーセルフに聞くこともあります。でも彼は完璧ではなくエゴもあるので、最終的には創造主に聴きます。創造主はコマンドして見届ければちゃんと実行してくれるので、もうほんとに便利です。生きやすいです。


もちろん、何か自分の中にビリーフを発見したら、即時ワークして解決できるので不要なネガティブな現実のドラマが巻き起こる前に対処できることが何よりも素晴らしいですけどね。

そしてこれは、私の目的である人をサポートする、ということにダイレクトに役に立ちます。こんなに便利で素敵なものならもっと早く知りたかった。でも、ビリーフがあると、ブロックがあると情報自体を自分で遮断するから、結局シータヒーリングにたどり着いたタイミングは、私のベストタイミングだったんだなとも思います。


シータヒーリングを学んだ効果



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page