top of page

ヒーリングスクール案内

更新日:1月4日


スピリチュアルスクール

ヒーリングスクール案内


【スクールポリシー】


個人差はありますが、シータヒーリングのメソッドは誰もがサイキックに開かれ、透視やチャネリングが出来るように設計されています。

元々の霊感やサードアイの開眼がなくても大丈夫です。むしろ、何もない方が不要な「契約」がなく、受け取れるものがすんなりと受け取れます。


とはいえ、「目覚める」には、一人一人の特性やペース、持っている資質も関係してくるので個々のペースに合わせて講義をしていくことが大切だと考えます。

ヒカリエでは「大勢に教える」学校のような講義のやり方ではなく、受講生ごとにレクチャーのやり方を変えています。カスタムメイドで一番理解しやすい教え方をします。

その際、受講生のハイヤーセルフと相談したり、クリエイター(宇宙の根源エネルギー)にチャネリングして最適解を教えてもらってカスタムするので、講師の独断や余計なエゴは介入しません。


何年ヒーリングを学んでも、全然出来るようになった確信がない、とあきらめてしまう人もいます。

その原因は、一番最初の「基礎DNA」で最も根本的なリーディングとチャネリングに必要な手順を学ぶ際に、本当の意味でのそれを理解できずテキストを読み進めてしまっているからではないかと思います。これは講師に原因があると思います。講師自身が「繋がるための要素」を単なるテキストの単元としかとらえていない場合、その重要性を流してしまうからです。講師のやり方も、諦めてしまう原因の一つとなるので当サロンではこの部分を重視して大切に進めます。


「観える、聞こえる、メッセージや映像を受け取る、透視する」これらを行う際に絶対に必要な要素がいくつかあります。このうち1つでも落とすとなかなか出来るようにはなりません。逆を言えば、きちんと正確にそれぞれの要素の重要性を理解して実行すれば誰にでも出来るものなのです。もし、ヒーリングをすでに学んでいて「確信が持てない」状態の場合、これまでに「要素」の重要性や一つでも落とすと繋がりづらくなるよ、というお話を聞いたことがない場合は基礎DNAを再受講することをお勧めします。

初受講の方は、とにかく丁寧に様子を見ながら進めます。

そして、どちらの場合も定期的なアフターフォローをしていきます。

例えば、無料フォローアップ会の開催、LINEでの質問応答やメッセージ。

受講生同士のセッション練習会、単元ごとの練習会など。

受講したらそれで終わりではなく、目的は「繋がれるようになること」なので、具体的にどんなことをしたらよいのか受講後もLINEでお知らせしていきます。


私はシータヒーリングを始めてから2か月で「繋がりの確信」が得られ、セッション出来るようになりました。セッションが出来るということは、自分の悩みを自分で解決してどんどん人生をシフトしていくことが出来るということです。一旦セルフセッションのやり方を覚えてしまえば、日常生活の悩みはほとんど自分で解決できるようになります。また人へのヒーリングも出来るようになります(病気のヒーリングだけは病巣が変化していく様子を見届けなければならないので見届け力(ビジュアライゼーション)が必要なため、ある程度時間と訓練が必要ですが、最短で4か月あれば出来るようになる人もいます(私は4か月目にアナトミークラスを受講して出来るようになりました)。


ただし冒頭でもお話ししたように、10年以上学んでいてもあやふやだったりシータヒーリングのエネルギーとは異なる霊界系のエネルギーを使っているヒーラーもいれば、「エゴイズム」が手放せず受講生を叱り飛ばしたりイライラして集中攻撃するようなインストラクターもいます。このことから分かるように、年数ではありません。いかに「必要な要素」を落とさずに進められるか、と素直に受け止められるかで速度は変わります。

そのためにヒカリエでは個別のペースで進められるようにフォロー体制を整えています。


受講特典:セッション希望の場合はずっと半額

※再受講:他のティーチャーからすでに受講済みの場合、すべてのクラスで再受講料は半額となります(基礎、応用クラスは書籍のお渡しがないので半額以下の¥30,000)再受講の方もセッション希望の場合は各種セッション料金半額です。


関連記事






最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page