top of page

ヒーリングスクールの選び方

ヒーリングスクールの選び方

シータヒーリングに限らず、ヒーリングスクールはたくさんあり、その数だけティーチャー(講師)がいます。

たくさんある中で、どうやって自分に合ったティーチャーを選んだら良いのでしょうか。


ひとつは、タイミングと出会いです。

人は生まれる前に自分の人生のシナリオをある程度決めて来ます。自分が決めた人生が、その目的のために動き始める大きな運命的なうねりが訪れるタイミングがあります。

これをディバインタイミングといいますが、ディバインタイミングが訪れると、目の前にその目的を叶えるための扉が開き、必要な情報と出会います。何気なく検索した情報、何気なく耳にした情報、気になって何度も見てしまう情報、人との出会い。


ディバインタイミングの時に、いやいやそんなはずはないでしょ、と抗いそれを逃して日常の継続を選ぶと、よりハードな方法で生まれた目的を叶えるために潜在意識が発動し、回り道をして苦労して目的に辿り着くルートに変わります。

ディバインタイミングは祝福されていて、人生を後押ししてくれるタイミングなので、これは逃さない方がトントン拍子に事が進みます。

この時は、理屈ではなく自分の直感を信じ、何かに導かれているという感覚を素直に受け止める勇敢さが、楽々簡単に人生を進めるためのポイントになります。


もう一つは、ティーチャーも人間なので、自分に合うかどうかの相性を大切にすることです。

どんなに有名で、どんなに優れた評価をされている人でも、自分というたった1人の大切な存在と相性が良いとは限りません。


上記二つのポイントは私が実際経験したことです。

私がヒーリングと出会ってから、直感に従って認定ヒーラーになるまでたった1か月でした。あれよあれよと状況が整い、道が開かれ進む先の障害やネックになる状況が一斉に消えました。そしてインストラクターになるまでずっとディバインタイミングは続いていて、見えない力にグイグイ先導されています。


そして、ティーチャーとの相性。

今はオンラインで全国どのティーチャーの講義も受講できます。

私は最初に直感で選んだティーチャーに対して、今後も変えるつもりはありません。

知人のヒーラーさんに誘われて、別のBIGネームのティーチャーのレクチャーも受けた事があります。もちろん素晴らしいレクチャーでしたが、私とは相性が合いませんでした。


それは私が、これまでの人生で自分も「先生」と呼ばれる職業を何度も経験したことに起因します。私は「先生」と呼ばれてカリスマ的に受講生に教えるスタンスは違うと思います。誰でも対等です。なんなら受講生からティーチャーが学ばせてもらえる事の方がはるかに多いです。先に知識を得ている人が、これから知識を得たい人に伝える、ただそれだけです。その関係は、お互いに尊重し合ってお互いに学び合う関係です。盲目的に信者になるのが危険なのは、自分で自分の人生を選ぶ際にネックになるからです。


私が選んだティーチャーは、「自分の主観を講義に入れない」人です。

宇宙エネルギーから受け取ったものを、素直にそのまま受講生に渡してくれます。これはなかなか出来る事じゃない。人は慣れてくると、「先生」という立場を優位に感じ、ちょっと尊大になりがちです。教えて「あげる」のスタンスになります。

なので、BIGネームでもなく、まだこれからティーチャー自身も学んでいく過程にあったとしても、このダイレクトに学びを渡してくれるティーチャーを選びました。(直感です)

人となりなど全く知らず、会ったこともなく、でも基礎だけ受講して相性が合わなかったら他のティーチャーを探せばいいや、と思っていましたが、ディバインタイミングでの出会いなのでちゃんと自分に必要なティーチャーを選べていました。


とはいえ、これは私との相性です。他の受講生の中には相性が合わず離れて行く人もいたし、カリスマ的な尊敬心を集めるティーチャーではないので対等どころかちょっと馬鹿にする人もいました。


自分はいつも、どんなところを大切に人付き合いをしたいですか?

優しく受け止めてくれて、ただただ話を聞いてくれる人ですか?

グイグイ引っ張って、勇気を与えてくれる人ですか?

尊敬できる人ですか?

なんとなく惹かれる人ですか?

深入りして来ず表面的に付き合える人ですか?

お互い学び合い、高め合う為に共にチャレンジし、時には疑問をぶつけ合い、それでも魂の交流ができる人ですか?


自分が好きなタイプ、相性の良いタイプのティーチャーを見つけて受講することは、内容の吸収率に関係してくると思います。

そのティーチャーを見て、もっとわかりやすく理論的に説明できないかなーふんわりしていて信じ切れないよーとか、押しが強くて学校みたいな窮屈さを感じるなーとか、その状態だとせっかくの内容も十分に受け取れないですよね。

だから、直感で相性の良さそうなティーチャーを探してください。

間違えたら乗り換えれば良いだけです。気づいたら変えればいい。間違えることにも意味があるから。


いちばん大切なのは、自分を疑わず、自分の直感を信じることです。その自分に対する尊重と勇敢さは、自分らしく生きるための最初の一歩であり、かつ生涯に渡り自分を助けてくれる強さになります。


直感に迷ったら、最後に判断材料として見るポイントは、講義の進め方です。どんな想いで、どんなことを重要視して講義をするのか。これは問い合わせしてもいいし、受講生の知り合いがいたら聞いて見るといいです。口コミでも良いですね。

盲目的に「この先生に人生変えてもらいました」という口コミよりも、「この講座を受けて人生変わりました」が正解だと思います。


私の場合は受講生によって講義方法を変えます。これは宇宙エネルギー(クリエイター)に「このメンバー、受講生にとって最高最善のレクチャーは?」と聴き、メッセージを受け取ったら「ではこの受講生にとって最高最善の講義になるようサポートしなさい」とコマンドするからです。


ヒーリングも同じです。私はお客さま一人ひとりへのヒーリングコマンドを細かく覚えていません。クリエイターにつながっている状態でヒーリングすると、口が勝手に必要な言葉を発しコマンドするからです。つまりヒーラーは私ではなく宇宙エネルギーなので、私は中継機。人間の主観を交えて説教のようなヒーリングを行うと、一見説得力があり有り難がられますが解決はしない。講義も同じようにするので、学ぶ人が違えば教える手法も変わるのです。内容は変わりませんが。


ヒーリングに興味があって、たまたまこのページに辿り着き、どうしたらいいんだろう?と思っている方に、少しでも参考になれば。出会う時は出会う。それを信じて、自分にとって最高のティーチャーを見つけてくださいね。どのルート(ティーチャー)でも、幸せになる人が素早く生まれることを願っています。


※既に基礎講座以上を受講している方は、創造主に聞いてください。私に必要なティーチャーを教えなさい、と。あるいはマニフェストしてください、私に必要なティーチャーと出会うことが現実化されました、と。

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page