top of page

基礎DNA


基礎DNA応用DNA

現在基礎DNAクラスで講義真っ最中です。

シータヒーリングのクラスは複数あります。

一番最初に受講する「基礎DNA」と、その次に受講する「応用DNA」。

極論を言うと個人的には、この2つを「深く」「テキストだけでなく書籍の内容も」「何度も分かるまで」受講すれば、開業しない限りセルフヒーラーとしては十分なんじゃないかと思います。


というのも、基礎と応用にほぼすべての原理や英知が入っているからです。

それ以上のクラスはこの2つを使いこなしていくための補足のように思えます。

例えばインチュイティブアナトミークラス(直感的解剖学)は、体内の特に臓器をリーディングし、臓器の歌を聴き、会話します。ただひたすら各臓器との会話を行いそこに溜まっているネガティブな思考を解除していきます。

でもこれ、基礎DNAの書籍に書いてあるんですよ。それをバラして肉付けして独立させたのがアナトミークラスだと思います。


基礎DNAの書籍に書かれていることを、読み飛ばさずにそこで立ち止まって「これってどういうこと?」と自分で実行してみると、それはアナトミークラスでやることと同じだと気づきます。

ただ人は、学ぶ環境を整えたりソウルファミリーと共に切磋琢磨して成長していく必要があるという側面もあるから、アナトミークラスという形として「場」を用意されているんだと思います。ひとりで黙々と自分の臓器のリーディングを3週間毎日やるのは確かにしんどい。


著書の中でヴァイアナは非常にさらっと様々なリーディングや観え方について語っていますが、たいていはそれを読んで「そうなんだー」で終わりだと思います。

でもそこで、「自分もコレやる!」とその場でやってみる読み進め方をすると、基礎書籍1冊マスターするのに最低半年かかると思います(もともとリーディングとビジュアライゼーションが得意な人がやって半年という感じでしょうか)

で、応用書籍までマスターしたら他のクラス「アニマル」「プラント」などは受講したのと同じスキルが身についていると思います(クリスタルレイアウト除く)


もし素早くリーディング、ヒーリング、フィーリングワーク、ビリーフワークが出来るようになりたい、観たり聞いたりサイキック能力を上げたいなら、次々と他のクラスを受講し続けるよりもまずはヒーリングすべてのテクニックの土台となる基礎と応用を何回でも繰り返し受講し、書籍の分からないところや、やろうと決めた箇所にしるしをつけながら読むというやりかたをじっくりしてから他のクラスに進んだ方が自信を失わずに済むと思います。

クラスをたくさん受けているのに全然ヒーリング出来るようになった実感がない!という人は結構いるように思いますが、基礎と応用を学び直ししてみると今なら受け取れる内容が以前とは全然違っているのではないでしょうか。


とはいえ、セッション練習として「ディグディーパークラス」は必要なものだと思うし、

(これ自体が基礎と応用の補強クラス)「リレーションシップ2あなたと創造主」のクラスも絶対に必要だとは思います。


特にリレ2は「自分を知る」ことが開花の道なんだよということを教えてくれます。自分が作り出す現実が、本当のところどうやって作り出されているのかそのプロセスから始まり、創造主(宇宙エネルギー)のエネルギーを知り、他のスピリットたちとのエネルギーとの違いを識別できるようになるので、このクラスで一気に開花する人も珍しくないと思います。

私もこのクラスを受講中に鮮明に創造主のメッセージが受け取れるようになり、観届けがハッキリと出来るようになりました。

(基礎→応用→ディグディーパー、と3つ受けたらその先受講できるようになりますが、リレ2は4番目に受けるといいと思います)


他にも、アナトミーに行く前に「あなたとインナーサークル」のクラスは超おすすめだったりします。インナーサークルクラスは、基礎と応用ではカバー出来ません。人間関係の構図が分かり、だから自分の周りにはこういう人たちが集まっていたんだ、と分かる目から鱗のクラスです。


話は戻って・・・シータヒーリングの公式クラスではないのですが、ワークショップとして基礎と応用の書籍をカバーしていく講座を来年やってみようかなと考えています。

リーディング練習、観届け練習をしますが、その際に書籍に記述された内容に沿って行い、書かれているヴァイアナが観たものと自分自身が観えたものとがどう調和するのか、どうすればもっとよく観えるようになるのかを行ったり、単純に知識として記述された箇所についてはより実感として分かりやすいように整理補足肉付けして解説していく感じです。これをやればかなりリーリング出来るようになります。

また病気のヒーリングについても、アナトミークラスレベルではなく、基礎DNAクラスの書籍に記載されている内容で講座をやろうかなと考えています。これは、ヒーラーさんが必要としている内容だと思うからです。


私自身、ヒーリングが出来るようになった速度がめちゃくちゃ早かったのは、たぶん書籍に書いてあるヴァイアナがやったリーディングやヒーリングを、可能なものは同じようにやってみる、というセルフワークをコツコツやっていた点と、とにかくビリーフワーク(セルフで)をしまくって、剥がれ落ちていく自分の重たい思考のエネルギーがどんどん軽くなっていくのを実感しながらめっちゃ楽しいー!なにこれー!すごいの観えた!と進歩速度を味わってワクワクしていたからだと思います。

そして俯瞰して全体像を整理してみたこと。インストラクターになる前から、仲間の複数のヒーラーさんに様々な質問や相談をされて、アウトプットを繰り返しているうちに、何故シータヒーリングのテキストがなぜあの順番になっているのか、どこを落としてはいけないのかが分かりました。

どこを見落としているから、リーリング出来ないのか、何をすればヒーリングが出来るようになるのかが整理されました。


クラスで学んでも、その後何もせず放置してしまえば何も得られません。

でも「研究肌の知りたがり」である私のような変態的習性がなければ、なかなか一人でこういう時間を割くのは難しいと思います。人はがっつり「この日はこれやる!」と決めないとなかなか動けませんよね。

だからワークショップという形で1日でおさらいと進化の加速を目指す補強講座を複数設置してテーマごとにやりたいなと思いました。


もちろん私のスクールは基礎、応用ともに何度でも再受講は無料です。

既に他のティーチャーで受講済みの方も、最初の再受講1回目だけは半額となりますが、その後何回再受講しても無料です。

基礎は3回くらい、応用は2最低回くらい再受講すると自分に自信が持てるし、たぶんヒーリングを全体像から整理して何のためにこの単元を習うのかや、どこが欠けると観る力が育たないかなど頭の中が鮮明に整理されると思います。ディグディーパーも、一回受講するだけじゃもったいない。

色々なタイプの受講生とペアワークを繰り返すのが上達になるからです。セルフワークは限界があります。


インストラクター取ろうかな、という方も、本部のイントラクラスはものすごく自由な感じで体系立てて教えていく日本的な感覚とは違うので、ちゃんと生徒さんに教えられるようになるための知識が欲しいな、という場合は再受講としてご参加いただくのも大歓迎です。


2023年ももうすぐ終わりますが、今年ヒーリングでもやもやっとしたものを感じたままなら、ぜひ基礎書籍だけでももう一度読んでみてください。ブレインキャンディーの部分だけでもいいと思います。


閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page