top of page

例えば

仕事・人間関係・家族関係で悩んでいる」というお悩み

☑ 相手がどう思っているか常に気にしてしまう

☑ 自分の意見がなかなか言えない

☑ なぜかいつも「敵」が現れて、理不尽な目にばかり合う

☑ 自分は評価されていないと感じる

☑ どうせ自分なんか、と卑屈になり自分に自信が持てない

人間関係で悩みを抱えた状態で仕事をしても、仕事に対して誇りを持ち続けたり仕事を楽しむことが難しくなってしまいますよね。本来心のよりどころである「家」がくつろげない過酷な場所だった場合、毎日の生活や生きることも楽しくなくなってしまいます。

​シータヒーリングのセッションでは、「悩み」が作り出されている原因が、潜在意識の働きに隠されていると捉えます。

インナーチャイルド

潜在意識は、人の「感情」を使って現実を作り出します。ネガティブな感情を使えば、ネガティブな現実が作られます。

先ほどの

☑ 相手がどう思っているか常に気にしてしまう

☑ 自分の意見がなかなか言えない

☑ 自分は評価されていないと感じる

☑ どうせ自分なんか、と理不尽さを受け取ってしまう​ という例でみていきましょう。

この苦くて重い現実は、もしかしたら幼少期に家族関係の中で形成されたネガティブな感情・思考を使って作られた現実かもしれません。

威圧的な母親、子供に興味のない父親に育てられた場合、いつも顔色をうかがいながら生活してませんでしたか。

自分が何か意見を言ったり、喜びを表現したり興味のあることに取り組もうとしても、親が気持ちをへし折るかのような言葉を投げつけたり、否定されたり、「黙ってろ!」で片づけられたり、意見を尊重されていなかったらどうでしょうか。

こどもは、自分が表現したり意見を持つことが間違っているから親にきつく言われるのかな?と感じたり、どうせ自分が話しても否定されるから黙っていた方が安全だ、と感じるようになるのではないでしょうか。愛されていないと感じるのではないでしょうか。親から尊重されたり適切に励まされ受け止められ評価されていないと、どんどん自己肯定感は下がります。

​「自分なんて」と何に対しても自信がなく諦めを感じ、安全でいるために嫌われないために職場やその他の人間関係でも目立たないように自分を殺してしまいます。

ネグレクト虐待

​でも、潜在意識は無差別に現実を作り出すわけではありません。その現実から何らかのメリットを得るために潜在意識は動きます。そこには必ず「ネガティブな経験を通して何かを学ぼうとしている」という潜在意識の動機があります。

この例でいえば、親に尊重されず自分の意見を飲み込むことで何を学ぼうとしていたのでしょうか。

それは、黙ることで自分の心や身体を守り安心を得ることだったかもしれません。顔色を窺い親の無責任な押さえつけに甘んじることで、自分自身で考えることを止め、一歩を踏み出さなくて済むというメリットがあったのかもしれません。誰かの言いなりになっていれば、自立するために自分で選択し進んでいくという勇敢さも不要です。自分の意見を言わないことで、人を傷つけることもなければその反応で自分が傷つくこともない。自分を評価されていない!と怒りを覚える現実の場合は、正当に評価されるために努力をする、挑戦するためのモチベーションとして「今に見てろよ!」とその怒りを使っているのかもしれません。不都合な「尊重してくれない親」が「心や体を脅かしている」いるという現状を「解決しようとして」行動を選びます

​もし最初から自分の細胞の中に「解決のための行動を考えるための」ポジティブな感覚感情が備わっていたなら、自分の意見を封じ込めずに親に言い返せていたでしょう。「自分の意見を言っても安全だ」「自分と親の境界線をどうやって引いたらいいか分かっている」「自分は愛される存在だ」という感覚を細胞が持っていたら、作り出される現実が変わると思いませんか?

もし、ネガティブな感情を使わずにモチベーションを持てたり、安全であるという方法が分かったら、この不器用なやり方は続けていきたいでしょうか。ネガティブな現実を使わずに、尊重されたり自立したり、自分を愛するやり方を知って、これからのあなたと、あなたのインナーチャイルドを抱きしめてあげませんか。

シータヒーリングでは、この「やり方」を潜在意識にアプローチして変えていきます。

まず使っているネガティブな感情を使わなくてよいということを教え、別の方法でそれが出来る、叶うということを教えます。

​もうその感情は使わなくてもいいんだ、とわかった時、潜在意識はずっと繰り返してきたそのやり方を変更し、新しいポジティブなやり方に変えます。こうして、作られる現実がネガティブなものからポジティブで軽いものに変化します。

​新しいやり方をするのに必要な感覚感情を、細胞の中にダウンロードしていくのがシータヒーリングの手法です。同時にネガティブなやり方を解除していきます。

ヒーラーは存在の第7層というエネルギーエリアにコマンドして、ヒーリングを観届けます。

リーディング(霊視)、チャネリング、サイキックな力と現実問題としてのカウンセリングの両方を使ってセッションを行うので「納得しながら」ご自身の変化を感じていただけるでしょう。

bottom of page